女性をサポートする事が日本を救う。

女性がもっと輝ける社会は、日本の未来にとって極めて重要だと言えます。日本では今も男性が外で働き、女性は家で家事を担当すると考える人が多いようです。欧米はもちろん、途上国でもそんな考え方はほとんど見られなくなってきました。男性も女性も同じように社会で活躍する事が少子高齢化の加速する日本では必要とされています。

もはや、男性の力だけで日本の社会を支えることは困難な時代に入ってきています。しかし、多くの職場では今も女性が補助的な仕事を押し付けられたり、結婚や出産を機に職場を辞めていく女性が多いという指摘があります。これでは、いつまで経っても女性が輝く社会は望めません。セクハラやパワハラに代表される職場の悪習や男性中心の商習慣を早く改め、女性が心身ともに働きやすい環境を整備する必要があるでしょう。

キャリアアップや起業など積極的な理由で退職するならともかく、不本意な理由で仕事辞めたいと女性が感じる企業風土や職場環境は大きく改めるべきでしょう。これには、前述した結婚や出産も当然含まれます。欧米先進国はもちろん、多くの途上国でも、結婚や出産後も同じ職場で働きながら男性と同じように昇進していく女性が多いのが当たり前なのはあくまで能力ですべてが決まるからです。

まして少子高齢化で未来が懸念される日本の場合、結婚そして出産を迎える女性は文字通り日本経済の救世主ともいえるほど大切な存在です。そんな女性を社会全体でサポートしなければいけないでしょう。それが結局、子供を産みやすい環境を作り、少子化の流れを逆転させることにつながるはずです。仕事辞めたいと思う女性を一人でも少なくする努力が国全体に求められている、という事ではないでしょうか。

Comments are closed.

TOP